So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

じゃこ天おばちゃんと温泉 :松山 2005/3/6 [旅行記]

 どうしても旅に出たかった。前日の負けに等しいグランパスの引き分けのやりきれない気持ちは寝ても吹っ切れていなかった。しかし、もう出る時間だ。バッグを持ち、名鉄電車に乗ってセントレアに向かった。
 
セントレア
 セントレアについたのは午前9時。何でこんな時間に来たかというと、海外に異動になった人が今日のフライトで赴任すると聞いていたから。2週間後に一旦帰ってくるときに盛大なお見送りをやるって話だけれども、その時に行けないからその代わりにと思っていた。ところがである。今空港に着きましたと電話をしたら、もう、セキュリティーエリアに入ったって言う。何で?行くって言っといたのに。同じ社宅の人と家族とで一緒に来ていて、早く空港に着いたので、もう入っちゃったらしい。出発1時間前だというのに。
 俺のフライト時間は11時40分。2時間以上もある。この前に来たけどセントレアの中の観光をすることにした。時間があったので行ってみたところは「宮の湯」。4階くつろぎ処にある展望風呂です。温泉に入りに行くのにセントレアでも風呂。中にはサウナ、寝風呂、ジャグジー、電気風呂といろんな風呂がある。結局、露天風呂から先輩のお見送りをした。中に時計がないので、タイミングが分からず、結果的に長風呂になってのぼせてしまった。ちなみに、この時間で既に20分待ち。女性はそんなに待たずに入れたようだ。やっぱり化粧とかがあるから敬遠するのかな。
 出てきて10時半。まだ1時間ある。朝飯を食っていないので、早い昼飯にする。わざわざセントレアに来てまでなんですが、若鯱家のカレーうどん。だって、こんな時間から各店舗に行列が出来ているんですもの。比較的早そうな若鯱家にしておきました。
 11時も過ぎ、セキュリティーエリアに入る。この日は西日本中心に雪が降った日。欠航になっている便も多くあるが、俺の乗るフライトは大丈夫みたいだ。と思っていたら到着便が遅れたとかで、5分遅れとなった。まあ、大勢に影響はない。
 
道後温泉
 名古屋から松山までは約1時間のフライト。飛行機の窓から瀬戸内の島々、そしてしまなみ海道が見えてきたら松山に到着。心配した天候もすっかり回復して晴れ。暑いくらいだ。
 松山に来るのはこれで2回目。1回目は大学の卒業旅行の一環で青春18切符で旅してきて以来。そのときも道後温泉に行っただけだったんだけど、今回もそうなりそう。一時姉貴が旦那の転勤で住んでいたけど遊びに行く間もなくまた転勤になったし。
 松山空港から市内へはバス。直接道後温泉に行くバスもあるみたいだけどタイミングがあわず、松山市駅行きのバス。そこから伊予鉄道の路面電車に乗り換えて道後温泉に向かう。
 道後温泉駅についた。するとそこには坊っちゃんが待っていた。他にも赤シャツもいる。どうやら観光案内人が小説「坊っちゃん」の登場人物に扮しているらしい。そんな彼らに導かれながら向かった先が道後温泉本館。日本最古の歴史を誇る道後温泉のシンボルで国の重要文化財だ。
 道後温泉本館の風呂にはいくつかある。今回は少しだけ奮発して下から2番目の「神之湯二階」を選ぶ。なんてことはない。大衆向けの神之湯の入湯に、2階の休憩広間の利用がついてくる。昔来た時は1階の更衣室しか使わなかった。社会人だからちょっとリッチに。でも300円しか違わない。風呂上りには出してもらったせんべいの他に坊っちゃん団子も頂く。(80円)
 道後エリアに湯神社伊佐爾波神社といった神社もある。両社ともすんごい階段の上にある。この階段の昇降のせいで翌日筋肉痛になりました。伊佐爾波神社では結婚式も見れました。
 
坊っちゃん列車
温泉に入ったら後は空港に戻るだけなんだけど、ただ戻ったんじゃ面白くない。って言うので乗ったのが坊っちゃん列車。ここ伊予鉄道はその昔日本で最初に軽便鉄道が走ったところ。小説「坊っちゃん」の中でもその鉄道に乗る場面が出てくる。そんな「マッチ箱」と称された鉄道を再現させてのがこの坊っちゃん列車。道後温泉と松山市駅(またはJR松山駅前)を結んでいる。ちなみに乗車整理券は前の列車が出てからしか配布されない。俺の場合は、前の列車からの1時間を入浴・観光時間にした。
 
じゃこ天おばちゃん
 乗った坊っちゃん列車は松山市駅行き。ここからも空港行きのバスは出ているが、路線バスでJR松山駅に移動。ここでこの旅もう一つの目的を果たす。その目的とは、じゃこ天を喰うこと。CBC製作「ノブナガ」というテレビ番組の人気コーナーだった地名しりとり。その中でペナルティーのワッキーが何度となく訪れた松山で、必ず訪れていたここJR松山駅構内のじゃこ天屋。そこに行き、ワッキーの松山の母となったじゃこ天おばちゃんに会うことが目的。でもおばちゃんは昨年末で引退するって言っていたけど会えるかな・・・。
 おそるおそる構内に入るとありました安岡蒲鉾。市内各地に同じ暖簾を見ましたが、やっぱりここでないと。お土産何枚か買って帰ろうとガラス戸の向こうを見たらびっくり。テレビで見慣れたおばちゃんがじゃこ天を揚げてるではないですか。聞いてみると、ノブナガの影響でこの売店を訪れる客が多く、会社から慰留されてまだ働いているんだという。そんなおばちゃんもこうやって訪れる旅人が来ることがうれしいって言ってくれました。ワッキーもちょっとずつメジャー化してきているし。
 併設されているうどんコーナーでじゃこ天うどんを頂き、お土産用のじゃこ天を買って松山駅を後にした。
 少し話しただけだけれども、ワッキーがあの人をお母さんだと思うのが分かった気がする。優しい人柄が湧き出てくるのが感じられ、幸せな気持ちになれた。

かけはし松山店(安岡蒲鉾)

 
県営名古屋空港
 松山空港について少し買い物。やっぱり愛媛ならポンジュースですよね。思わずケース買いしちゃった。名古屋に帰ってから駅から自宅までが辛かった重い重い。
 夕方同じような時間にANAのフライトとJALのフライトがあるんだけれども、俺はJAL。ANAでそろえればよかったんだけど、満席だった。それでJAL。正確にはJALグループのJ-AIR便。J-AIRのコミューター便はセントレアでなく、県営名古屋空港、小牧にあるもとの名古屋空港を発着する。もう来ることはないのかなと思っていたのにすぐ来ることになった。不思議なものだ。
 小牧空港につくとタラップで地面に降りてそのままターミナルに歩く。階段を上ることなくそのまま手荷物受け取り場に入る。今は改装中だけれども、無駄なスペースを排して、最終的には1フロアで完結できるターミナルにするらしい。以前ANAのカウンターだったスペースはもう軽食スペースに変っていた。
 
 松山といえば正岡子規や秋山好古・真之兄弟の故郷。昨年司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読んだばかりのために、ゆかりの地も回ってみたかった。松山滞在ほぼ4時間だったし、何も事前下調べをしていなかったので回れなかった。後で気付くと好古の墓が道後温泉の近くにあったり、路面電車の路線の近くに秋山兄弟の生家があったりしたのだ。温泉てのは何度来てもいいものなので、今度来るときはしっかりと下調べをして観光しようと心に誓った。
 
 ←登録しました。クリックしてください

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 6

それいゆ

セントレアは、お風呂があったり、○○横丁といった街並があったり、
テーマパークみたいで見学するだけでも楽しそうなところですよね。
松山&道後温泉に行かれたのですね。
瀬戸内のじゃこ天&ビール、あぁ~食べたい!!!
by それいゆ (2005-03-12 11:09) 

Teddy

シンガポールのチャンギ空港も大きくて、
ショッピングモールみたいでいいですよね。
SQが毎日飛んでいますので、是非お越し下さい。
by Teddy (2005-03-15 15:30) 

妙恵

はじめまして!
ウギーさんから紹介されて遊びにきました!じゃこ天おばちゃんに会ったんですね!おばちゃんお元気そうでほっとしました!ホント松山のお母さんってカンジ。ワッキーとおばちゃんのエピソードはすごく好きです。私も会いにいきたいなぁ!
by 妙恵 (2005-05-06 04:06) 

leafs

今度、松山空港1階のお土産屋さん奥にあるじゃこ天屋さんを見つけてくださいね!もーう全然違いますよ(^^)美味しすぎ・・です♪
by leafs (2005-06-18 20:19) 

いぬのきもち

はじめまして!
2008/8/26に松山駅に行きました。
じゃこ天おばちゃんはまだご健在でしたよ!
by いぬのきもち (2008-08-28 22:04) 

Teddy

>いぬのきもちさん
はじめまして。
おばちゃんはまだ現役なんですね。
また、会いに行きたくなりました。
by Teddy (2008-09-02 21:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。