So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

第21日目 イングランドvsポルトガル/ブラジルvsフランス [ドイツワールドカップ2006]

寝れないっすよ。

7月1日 準々決勝 @ゲルゼルキルヘン
ポルトガル0(3PK1)0イングランド
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/59/mr.html

会社の先輩の結婚式2次会から帰ってきてからの観戦。
ベッカムは今日も長袖を着てプレー。でも、後半途中で
足を痛めて交代。要所要所を押さえていたセットプレーは今日は見られず。

対するポルトガルのキャプテン・フィーゴも後半途中で交代。
両雄抜きで延長突入、そしてPK戦へ。

PKって、結構エースと言われる男が外すもんだけど、
中盤の要、ランパードとジェラードが外す。
ポルトガルの2人目ヴィアナがポストに当てたので、ツキが残っているかと
思ったけど、だめでしたね。

結局、ポルトガルの4人目のクリスチャード・ロナウドが
GKをよく見てゴール右に決めて3-1でポルトガルの勝ち。
40年ぶりの準決勝進出を決めました。

両チームのキャプテン背番号7がベンチに下がる中、
試合を決めたのがマンUの背番号7、C.ロナウド。
世代の移り変わりを象徴する結末ですね。

 

7月1日 準々決勝 @フランクフルト
フランス 1-0 ブラジル
アンリ(後半12)
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/60/mr.html

そしてもう1試合。8年前の決勝と同じカードフランスvsブラジル。
セットプレーからフリーで抜け出したアンリがゴール。
日本の玉田に次いで、ブラジルからゴールを奪いました。

 結果的に思えば、何でブラジルはアドリアーノをベンチにおいて、
ロナウジーニョをFW起用したのか。
ブラジルらしさ、ブラジルのよさが消えて、フランスの組織力に
やられてしまいましたね。

これで、ジダンの引退までの残り試合数はあと二つ。
ベルリンのピッチが引退試合の場所になるのかどうか。

はい。これでブラジルが敗れたので、今大会でブラジルが奪われた
ゴールは2つに確定。
日本の名古屋の玉田と、アンリの二人だけですよ。
ブラジルから点を奪ったのは。
と、勝手に騒いでみたりする。

 

なにげに、準々決勝を4試合とも見ちゃったせいで、
完全に昼夜逆転、ヨーロッパ時間での生活。
旅行から帰ってきて時差ぼけにならなかったけど、
この週末のせいで、体がおかしくなりそうです。

でも、この生活もあと1週間。
つらさも楽しさに変えていきますよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。