So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

嘉峪関・敦煌シルクロードの旅 2010/8/13 嘉峪関 [旅行記(中国編)]

それでは、グランパスの首位で気分よく、
この前の旅行記を書くことにします。
まずは初日の嘉峪関から。

リアルタイムの投稿はこちらです。↓
西安なう
嘉峪関なう

結局、西安からのフライトは1時間遅れ。
突然搭乗口が変更になって、俺がそれを知った時には、
いきなりFinal Call。
なんじゃそれって、突っ込みながらも、変更された搭乗口へ
走りましたよ。一応ね。
でも、まだ搭乗開始すらしてなかったですけど。

飛行機からの砂漠.JPG

シルクロードの出発点、西安を飛び立った飛行機の
窓から見える景色は、一面の砂漠。
タクラマカン砂漠を掠めながら、嘉峪関空港に着陸しました。

DSCN9153.JPG

地方空港のお約束。
タラップを降りて空港施設まで歩いていきます。

DSCN9154.JPG

空港から見える風景がこんな感じ。
明代にシルクロードの関所として築かれた街ですが、
今では鉄鋼の街という側面も持っているようです。
遠くに煙突がたくさん並んで見えます。

DSCN9155.JPG

どれだけ西に来たかというと、空港の表示板に
経度が書いてありました。東経98度20分です。
上海が121度ですから、20度分以上です。
経度15度で時差1時間ですからね。
経度だけで行くと、バンコクあたりよりも西にいたことになります。

DSCN9157.JPG

一日2便しかない嘉峪関空港のロビーは駅の待合室に
ちょっと毛の生えた程度。
リュック一つで来ていて、預け荷物もないので、
さっさと素通りして、タクシー乗り場へ向かいます。

DSCN9159.JPG

が、しかしです。こんなにたくさんタクシーが並んでいるのに、
乗せてくれません。
ホテルの名前を告げて乗ろうとしても、いや駄目だ、
あっちに乗れ、いやこっちだと。
よくよく聞いてみると、メーター制じゃなくて固定料金で、
乗り合いで街中まで行くってことみたい。
折角、早めに出てきたのに、待たされたから、
多めに金を払うから早く出せと言ってみてもなしの礫。
結局、そんな乗客が3人集まって、ようやく出発してくれました。
運賃は50元。

乗り合わせた乗客は地元の人っぽい人と、
西安からのビジネス客っぽい人。
西安からの人が運転手と話していて、
この時期って、日本からの旅行客が多いでしょう
なんて話をし始めたので、実は俺も日本人だよ。
上海に住んでいるけどねとカミングアウト。
西安の人、地元の人と順番に送っていって、
俺のホテルに着きました。

後で土地勘が分かってから気づいたけど、
ちょっと遠回りされてましたね。近くまで来ていたのに、
地元の人を送りに遠くまで行って戻ってきた感じ。
まあ、固定料金だし関係ないといえば関係ないですが。

DSCN9179.JPG

ここが今回泊まったホテル。
酒鋼賓館。鉄の街っぽいホテルでしょ。
調べてないですが、隣街の酒泉に拠点のある
鉄鋼会社の系列かなんかじゃないんでしょうか。

DSCN9160.JPG

時間はまだ4時半。
日が暮れるのはまだ先なので、これから観光に出かけようかと
思っていたんですが、空港から乗ってきたタクシーの運転手
(お姐ちゃん)が今から行くと暑いから明日の朝にしなよ。
早朝に迎えに来てあげるから。なんていうので、予定変更。

DSCN9164.JPG

まずは、バスターミナルに行って、翌日の切符を購入。
普通は11時半のバスもあるんですが、この日に限って、
8時、9時、14時半の3便体制。
8時とか9時じゃあ、何も観光できないので、14時半を
お買い上げ。

DSCN9163.JPG

ちなみに、バスターミナルの待合室内にはビリヤード台が
置かれてました。

DSCN9161.JPG

あとはすることがないので、ふらふらと。

バスターミナルの向かいの建物に日本のアニメが
書かれていたので、のぞいてみるとゲーセンでした。

DSCN9165.JPG

そこの横の道が歩行者天国になって、市場になっていました。
やっぱり旅にでると、市場です。

DSCN9166.JPG

ひまわりの花。
こっちだと、ひまわりの種は立派な食べ物ですからね。

DSCN9168.JPG

たくさん並ぶ瓜。
ここからちょっと行ったところにあるハミという場所の
名前を取ったハミ瓜です。メロンの一種ですね。

DSCN9167.JPG

野菜や果物だけじゃなくて、肉も売っています。

DSCN9171.JPG

こんなところで裁いてくれますが、食べたくないですね・・・。

DSCN9170.JPG

おっと思ったのがこれ。豆腐屋です。揚げもあって
こんにゃくまで。
これもシルクロードを伝わってきたものでしたっけ?

DSCN9169.JPG

そうそう、この路地の奥でもウイグル系の人たちが
ビリヤードしてました。一大娯楽なんですね。

DSCN9172.JPG

こんなにみずみずしい果物がならんでいると、
少し食べてみたい気持ちになりました。

DSCN9175.JPG

路地にいたロバ。

DSCN9176.JPG

やぱり中国ですね。路地で将棋をしてました。

DSCN9177.JPG

上海でも西域の人が売っている鹿の角も。
やっぱり本場に近づいた感じですね。

DSCN9178.JPG

一旦ホテルに帰ったのが7時です。
でも、まだまだ外は明るいです。
感覚は6時ですからね。
でも、体は中国時間になっています。
とりあえず、晩御飯を食べようと小吃街へやって来ました。

DSCN9182.JPG

この大屋根の下、両サイドに店舗スタイルのお店が並んで、

DSCN9185.JPG

真ん中にはフードコートのような形でお店が並びます。

DSCN9189.JPG

何にしようか2周ぐらい、悩みながらぐるぐる
回っちゃいました。

DSCN9188.JPG

串焼きの店も多かったんですが、市場で肉の状態を
見ちゃったので、ちょっとパス。
結局この麺屋に決めました。

DSCN9187.JPG

食べたのは炒面片。
麺といってもパスタで言うペンネみたいな麺。
こねた生地を削りきった塊をゆでて野菜と炒めたもの。
具沢山で結構おいしかったです。

翌日、胃腸にちょっときましたが、それも想定範囲内です。

DSCN9186.JPG

ちなみに、お供のビールは黄河ビール。
甘粛省の省都、蘭州で作っているビールです。

これであわせて10元っていうから安いもんです。

DSCN9190.JPG

8時半でまだ明るい西の空ではありましたが、
朝も早かったし、お腹一杯になったしってことで、
おとなしくホテルに帰って、さっさと寝ることにしました。

今思うと、この日はただ単に序章にしか過ぎない
一日だったんですね。

それでは、翌日以降はまた別の記事で。

つづきはこちら



ご覧頂き、ありがとうございます。
よろしければポチっとしてください。
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へblogram投票ボタン

D07 地球の歩き方 西安・敦煌・ウルムチ シルクロードと中国西北部 2009~2010

D07 地球の歩き方 西安・敦煌・ウルムチ シルクロードと中国西北部 2009~2010

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/06/20
  • メディア: 単行本

麦積山石窟/蘭州/嘉峪関 [絲綢之路シルクロード3] [DVD]

麦積山石窟/蘭州/嘉峪関 [絲綢之路シルクロード3] [DVD]

  • 出版社/メーカー: コニービデオ(株)
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。