So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

やっぱり残ったアルゼンチン [ブラジルワールドカップ2014]

延長されるとさすがに朝には書けないので、帰宅後に。

iphone/image-20140710234258.png

昨日は、大勝したドイツのお祝いにレーベンブロイと
こうなりゃオランダも行ってしまえってことで
ハイネケンを空けて待機してました。

で、5時の目覚ましにも起きられず、
6時の2発目でもベッドから出られず、
結局7時前。寝過ぎた!とあわてて飛び起きてみたら、
0-0で後半終了間際。

前日とは大違いの想定通りのトーナメント。

その後も、なかなかメッシ発動しないし、
ロッベンが走りまくってもアルヘンの守備は崩れない。

で、結果はPK戦。
交代3枚使い切っていたオランダはクルル使えず、
ロメロが大当たりのアルゼンチンの勝ち。

こっちは順当に南米の優勝候補が決勝に進みました。

ちなみに、ナイキ対アディダスの対決となった準決勝。
アディダスの2勝で、大会スポンサーのアディダスの優勝確定です。

iphone/image-20140710234309.png

って、ふと手元にあったNumberの最新号見ると、
表紙にはメッシ。これが世界のサッカーだ。

これって予言になるんですかね。

さあ、1か月のお祭りも終わりが近づいてきました。
どういう結果になるのか、しっかり見届けましょう。



ご覧頂き、ありがとうございます。
よろしければポチっとしてください。
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログへblogram投票ボタン
























Number(ナンバー) ベスト8速報

Number(ナンバー) ベスト8速報

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/07/08
  • メディア: 雑誌


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 1

通りすがりの空

 好カードの決勝戦という感じですよね。楽しみです。
 でも、WCをやっているのに、世界では争いの種は尽きず…。

 話を変えてすいませんが、パレスチナについて、書かせてください。

(下の私のコメントに続きます。)
 それと、パレスチナについて書かせてください。

 パレスチナの男の子が、何者かによって、拉致され、命を奪われたそうです。痛ましいです。

 亡くなられた方のご冥福を祈ります。
 

 行方不明のイスラエルの3人の方々のご遺体が見つかったそうです。痛ましいです。

 亡くなられた方々のご冥福を祈ります。

 痛ましい二つの事件をきっかけに、パレスチナとイスラエルの対立が激化してしまいました。
 イスラエル軍はガザを空爆、ガザからはロケット弾が飛び、パレスチナサイドでは、民間人を含む犠牲者の方々の数が70人にも上ってしまったそうです。(その中にはお子さんも含まれるそうです。)痛ましくてなりません。
 一方、イスラエルサイドには、人的な被害はないようです。

 亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
 怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。

 イスラエル軍は強硬過ぎます。過剰防衛です。もしかしたら、上記の2つの事件は、イスラエル政府と軍が、ガザを攻撃して占拠する口実作りのために、画策したのでは?と疑いたくなるほどです。

 もし本当にそうなら、イスラエル政府も軍も、国際司法裁判所で、裁かれるべきでは?と思います。 

 ロケット弾を飛ばしているパレスチナサイドの人々も、上記の2つの事件とは無関係の人々を巻き込む恐れのあるロケット攻撃は、止めて欲しいです。
 特に、核施設に対する攻撃は、破壊により、パレスチナが核汚染される恐れもあるのでは?と思いますので、絶対止めてください。日本では、まだ、福島原発の汚染水や、進まぬ除染のために、多くの人々が苦しんでいます。

 ただ、ガザへの空爆が止まない限り、パレスチナサイドは、ロケット攻撃を止められないのでは?とも思います。

 なので、国際社会の方々は、イスラエル政府に圧力を掛けて、空爆を止めさせてください。
 もしイスラエル政府が、空爆を止めないなら、イスラエル政府は、パレスチナの平和を願うローマ法王のご尽力さえ、踏みにじろうとしているということになり、酷すぎるので、国際社会の方々は、経済制裁等、制裁措置もお考えいただければ、と祈り願っております。

 パレスチナの和平交渉の再開を祈り願っております。
 和平交渉のため、イスラエルは、約束を守って、捕らわれているパレスチナの人々を解放すべきと思います。そして入植活動を止めるべきと思います。
 それらがそもそも、和平交渉の妨げと思うので。
 和平交渉の再開と、パレスチナの平和を祈り願っております。

 国際社会の方々は、本当に色々大変とは思いますが、パレスチナの人々も、どうぞお守りください。
 どうぞよろしくお願い致します。

 ところで、イスラエルとパレスチナの若者達が犠牲になった2つの事件、もしかすると、犯人は、シリアの工作員かも?という疑いも、私は持っております。
 だとしたら、今回のイスラエル政府とイスラエル軍の行為は、シリアを喜ばせるだけの、愚かな行為ということになります。
 関係者の方々は、頭を冷やして欲しいです。(シリアにも平和が戻るよう、祈り願っております。)
(下の私のコメントに続きます。)
by 通りすがりの空 (2014-07-11 00:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。