So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

信じよ! 日本が世界一になるために必要なこと [読書記]

ワールドカップ開幕とともに、久々に書き出したこのブログ。
閉幕とともにまた塩漬けかなとも思ったりもしましたが、
もうちょっとネタがあるので書きますね。

旅の途中で読んだ本シリーズ。
まだ、「世界一」になる可能性がわずかながら
残っていた、コロンビア戦の前に、
試合会場であるクイアバに向かう飛行機の中で読みました。

信じよ!  日本が世界一になるために必要なこと (角川oneテーマ21)

信じよ! 日本が世界一になるために必要なこと (角川oneテーマ21)

あのオシムさんの考えよ!の続編。
初出場となった母国ボスニア・ヘルツェゴビナと日本のこと、
そして、各グループの勝ち抜け予想が書かれている。

読んだ時点で、すでに各グループの情勢が見えてきている
タイミングだったので、オシム爺よ、残念!っていう
分析もあったりで。

残念だったのは、5/22というメンバー発表後に発刊されている
にもかかわらず、確定前で、日本のサプライズメンバーは誰か
みたいなところだとかも語ってる。
最近の新書は雑誌みたいなものなんだから、校正加えてから
発刊でもよかったんじゃないととも思ったり。

でも、まあ、いつものオシム節が聞けて楽しいです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

こう観ればサッカーは0-0でも面白い [読書記]

ワールドカップもあと2試合を残すのみ。

一応、残っていた西村主審が3位決定戦の第4の審判に。
ヨーロッパ対南米なんだから、決勝か3決のどっちかの
笛を吹いてもらいたかったけど、ギリギリの大人の判断ですね。
西村さんを干したわけでもなく、主役にもさせないっていう。

3決で笛を吹かせて、開幕の再来を期待してアピールしまくる
ブラジルと、ダイブ王ロッベンの対決を楽しもうと思ったのに。

で、ブラジルの旅で読んだ本の続きです。
トランジットのニューヨークからサンパウロのフライトで
寝ながら読んだ本です。

こう観ればサッカーは0-0でも面白い (PHP新書)

こう観ればサッカーは0-0でも面白い (PHP新書)

  • 作者: 福西 崇史
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2014/04/16
  • メディア: 新書

直前の日本対ギリシャが0-0で面白くなかったぞと
反感を持ちながら読みました。

0-0でも面白く見るためにはっていうよりは、
彼の現役時代にドゥンガに怒られた話あたりが
面白かったかな。
走らないドゥンガにポジションどりについてど叱られる。
要は、先回りして、いなきゃいけない場所にいかにいられるか。
その察知能力、嗅覚をいかに発揮できるか。

そうすれば、走行距離が短くたって神出鬼没でいられるわけです。

メッシが走らないことで有名ですが、攻撃の要所要所を
抑えているから、彼は彼でいられるわけです。
本田もそれに近いのかな。

彼のポジションであったボランチに注目。
そういったメッセージになってます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

宮本式・ワールドカップ観戦術 サッカー世界地図の読み解き方 [読書記]

準決勝を待つ間、今回のブラジルへの旅の間に読んだ本です。

まずは、こちら。

成田-ニューヨークの機内で映画を見る合間に読みました。



ツネ様がワールドカップ観戦術を指南。

年が近いので、昔の思い出話になるととっても共感できたりするし、
大会で注目すべきポイントもわかりやすい。

さすがツネ様って感じの一冊です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

プラチナデータ [読書記]

最近はグランパスの試合に行った時に
ちょっと足跡を残すくらいしかしていないこのブログですが、
この「読書記」のカテゴリーもあったんですよね。

という訳で、最近読んだ本のこと書いておきます。

先月のアメリカ出張の機内で読んだ本。
ホントは、積読になっていた本を数冊持って行ったんですが、
スーツケースに入れたまま、入れ替えせずにチェックイン
しちゃったので、あわてて空港の本屋で買った本です。

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

楽園 [読書記]

脱線したついでに、もう少し脱線です。
先に旅行の時に読んだ本のことを書いておきます。
決して、写真の整理が遅れているわけじゃないですよ・・・。

今回の敦煌旅行の往復で読んだ本です。

楽園 上 (文春文庫)

楽園 上 (文春文庫)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

 [読書記]

こんなくそ暑い時期に、Jは週中も試合をするんですね。
夏休みだからって、きついですよね。まったく。

敦煌旅行記をまとめたいとは思いますが、
まずは最近読んだ本を挟みます。

桂林の帰りから読み始め、この前の上海万博の
入場待ちの時間で読み終えました。

凍 (新潮文庫)

凍 (新潮文庫)

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

昭和歌謡大全集 [読書記]

今日はまたまた最近読んだ本。

桂林旅行の飛行機の中で読みました。

昭和歌謡大全集 (幻冬舎文庫)

昭和歌謡大全集 (幻冬舎文庫)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

南京事件 [読書記]

それでは、ここで溜まってきた最近読んだ本のこと。
南京への旅の時に読みました。

そのままですけど。

南京事件 (岩波新書)

南京事件 (岩波新書)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

再び「サヨナライツカ」 [読書記]

この前、南アからの帰りに見た映画「サヨナライツカ」の
ことを書きましたが、今度はその原作についてです。

先週の出張の移動の際に読みました。

サヨナライツカ (幻冬舎文庫)

サヨナライツカ (幻冬舎文庫)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

続 上海発! 中国的驚愕流儀 [読書記]

なんだか、試合がない日が続くと、
生活のリズムが逆に崩れますね。
こんな時間に、普通に寝ていいんだっけと
不安になったりもして。

読んだ本で書いてなかったのがあったので、
今日はそのことを書いておきます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。