So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
ドイツワールドカップ2006 ブログトップ
前の10件 | -

ワールドカップ観戦旅行記 [ドイツワールドカップ2006]

時差ぼけする暇もなく、日常生活に戻ってしまったTeddyです。
この週末は準々決勝を見てたりしたので、
逆にヨーロッパ時間で生活していたりして。

さて、ドイツ滞在中もモブログで投稿していましたが、
とりあえずのまとめ記事です。
これからデジカメ写真を加えたりして加筆修正していきます。

・6/21 1日目 名古屋→パリ→デュッセルドルフ→ケルン
 いざ出発 《更新済》
 パリ到着! 《更新済》

・6/22 2日目 ケルン⇔ドルトムント
 ケルン観光 《更新済》
 ドルトムントにてキックオフを待つ 《更新済》
 玉田ゴール【日本vsブラジル観戦記】 《更新済》

・6/23 3日目 ケルン→ハイデルベルグ⇔カイザースラウテルン
 世界の車窓から 《更新済》
 赤い悪魔【サウジアラビアvsスペイン観戦記】 《更新済》

・6/24 4日目 ハイデルベルグ→ローテンブルグ→オブリグハイム
 街道ドライブ 《更新済》

・6/25 5日目 オブリグハイム→ヒルシュホルン→ハイデルベルグ
 街道ドライブ その2 《更新中》

・6/26 6日目 ハイデルベルグ⇔カイザースラウテルン
 結婚式をしました
 ヒディングマジック叶わず【イタリアvsオーストラリア観戦記】

・6/27 7日目 ハイデルベルグ→フランクフルト→パリ→機中泊
 再びパリ

・6/28 8日目 セントレア帰国

・番外編 機内での映画鑑賞記

4年後は南アフリカ。
いろんな意味でちょっと無理だよな。

その4年後は、ちょうど会社のリフレッシュ休暇の年に当たるし、
まとめて休みを取れるかも。
また、こんなフットボール三昧のときを過ごせたらいいな。


第25日 決勝戦 イタリアvsフランス [ドイツワールドカップ2006]

ジダンの時代も終わりを告げる。

7月9日 決勝戦 @ベルリン
イタリア代表 1(5PK3)1 フランス代表
                  ジダン(前半7分=PK)
マテラッツィ(前半19)
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/64/mr.html

ジダンの最期がこんな姿だとは・・・。

続きを読む


第24日 3位決定戦 ドイツvsポルトガル [ドイツワールドカップ2006]

オリカーン吼える

7月8日 3位決定戦 @シュツットガルト
ドイツ代表   3-1  ポルトガル代表
シュバインシュタイガー(後半11)
OG(後半15)
シュバインシュタイガー(後半33)
                ヌーノ・ゴメス(後半43)
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/63/mr.html

不要論もささやかれる3位決定戦ですが、
開催国ドイツが3-1でポルトガルを制し、3位に輝く。

続きを読む


第23日 準決勝 ポルトガルvsフランス [ドイツワールドカップ2006]

ALLEZ LE BLUES!

7月5日 準決勝 @ミュンヘン
フランス代表 1-0 ポルトガル代表
ジダン(前半33分=PK)
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/62/mr.html

ジダン、最後まで輝き衰えずって感じだなぁ。
今日も4時に起きてテレビの前に。
さすがに、昨日寝不足だから今日は早めに眠りに落ちたけど。

続きを読む


第22日 準決勝 ドイツvsイタリア [ドイツワールドカップ2006]

テポドン、くそ食らえ!

7月4日 準決勝 @ドルトムント
イタリア代表  2(2延長0)0  ドイツ代表
グロッソ(延長後半14)
デルピエロ(延長後半16)
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/61/mr.html

うわー。入った・・・。
ってのが率直な感想。
カウンターの2点目まで。

続きを読む


第21日目 イングランドvsポルトガル/ブラジルvsフランス [ドイツワールドカップ2006]

寝れないっすよ。

7月1日 準々決勝 @ゲルゼルキルヘン
ポルトガル0(3PK1)0イングランド
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/59/mr.html

会社の先輩の結婚式2次会から帰ってきてからの観戦。
ベッカムは今日も長袖を着てプレー。でも、後半途中で
足を痛めて交代。要所要所を押さえていたセットプレーは今日は見られず。

対するポルトガルのキャプテン・フィーゴも後半途中で交代。
両雄抜きで延長突入、そしてPK戦へ。

PKって、結構エースと言われる男が外すもんだけど、
中盤の要、ランパードとジェラードが外す。
ポルトガルの2人目ヴィアナがポストに当てたので、ツキが残っているかと
思ったけど、だめでしたね。

結局、ポルトガルの4人目のクリスチャード・ロナウドが
GKをよく見てゴール右に決めて3-1でポルトガルの勝ち。
40年ぶりの準決勝進出を決めました。

両チームのキャプテン背番号7がベンチに下がる中、
試合を決めたのがマンUの背番号7、C.ロナウド。
世代の移り変わりを象徴する結末ですね。

続きを読む


第20日目 ドイツvsアルゼンチン/イタリアvsウクライナ [ドイツワールドカップ2006]

すげえ、ゲルマン魂って。

6月30日 準々決勝 @ベルリン
ドイツ 1(4PK2)1 アルゼンチン
             アジャラ(後半4)
クローゼ(後半35)
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/57/mr.html

圧倒的なAWAYの雰囲気の中で、アルゼンチンが先制。
アジャラのヘッドから。
ホームのドイツが有利だろうと思っていただけに、
ちょっと意外。

でも、そこからドイツの攻撃の意識が高くなる。
まずは、右サイドにオドンコー投入。いい走りをしてましたよね。

そして、アルゼンチンにとっての運の尽きは、GKアボンダンジエリの負傷。
キーパーが抜けるということだけじゃなくて、交代カードを1枚浪費
してしまったということ。その結果、サビオラも、アイマールも、メッシも
投入する機会がなくなってしまった。
クレスポが下がってから、攻撃のアクセントを欠いていただけに痛いね。

そして、バラックからのクロスを途中出場のボロフスキが頭でつないで、
クローゼのゴール。ドイツの執念を感じましたね。

延長30分を戦っても、そのままPK戦へ。
ドイツの守護神レーマンがネ申でした。
でも、事前に十分にキッカーを研究していて、メモをストッキング
中に忍ばせていたんだとか。偶然じゃないんですよね。

途中、バラックが何度も治療でピッチを離れたりしていたにも
かかわらず、PKを二人目で蹴ってゴール。
この姿にちょっと胸を打たれました。

どのカードも決勝戦と言っていい準々決勝の第1試合、
開催国のドイツがそのゲルマン魂の執念で準決勝進出を決めました。

続きを読む


第10日目 日本vsクロアチア ほか [ドイツワールドカップ2006]

うーん。首の皮一枚可能性を残しただけだな・・・。

6月18日 グループリーグ F組 @ニュルンベルグ
日本 0-0 クロアチア
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/28/mr.html

FBL-WC2006-MATCH28-JPN-CRO-144322
日本のゴールキーパー、川口能活はPKを見事にストップした。AFP PHOTO DDP/ Thomas LOHNES/NO MOBILE APPLICATIONS timestamp: 1150641808
著作権: AFP / afp.com

http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/photos/index.html?aid=305320&d=1

代表でPKを止めるといったら、やっぱり2004年アジアカップの
能活なんだろうか。不思議と止めてくれる予感がしてました。
蹴る前に中途半端に時間があったし。

続きを読む


第5日 韓国-トーゴほか [ドイツワールドカップ2006]

これが、前回ベスト4とベスト16の差か。

韓国  2-1  トーゴ
           クバジャ(前半31)
イ・チョンス(後半9)
アン・ジョンファン(後半27)
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/14/mr.html

今日も残業しながら携帯で観戦。
ハーフタイムで会社を出たときは、トーゴがリードしていたのに、
家に帰ったら韓国が勝っていました。
ハーフタイムに監督はアン・ジョンファン投入の采配。
これがずばり。
PKを誘うわ、2点目を決めるわ。
日本にもこんな人がいたら・・・。
やっぱりアジアの雄は韓国なのかなぁ。

続きを読む


第4日 日本-オーストラリアほか [ドイツワールドカップ2006]

So-netブログの調子が悪く、後日記入ですが・・・、
一応、記録として残しておきます。

6月12日 グループリーグ F組 @カイザースラウテルン
日本   1-3  オーストラリア
中村(前半26)
           ケイヒル(後半39)
           ケイヒル(後半44)
           アロイジ(後半47)
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/12/mr.html

俊輔の疑惑のFK直接ゴールで先制するも、
終了間際の10分で逆転負け。

シュートを打たないFW。
追うことのできない中盤。
競り負けるDF陣。
交代が遅くて、意図のわからない監督。
はい。負けるべくして負けました。

アジアでしか日本は通用しないって言っても、
もう、オーストラリアは「アジア」なんだからね。
先が思いやられる・・・。

続きを読む


前の10件 | - ドイツワールドカップ2006 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。